変化を生むカギ

人は誰でも「よりよくなりたい」と思っているでしょう。


今より何かの点においてよくなること。

それはプラス方向への変化です。


このプラス方向への変化は何によってもたらされるのか。


残念ながら私たちは、何か新しいことを教えてもらったからとか、

本で読んだから、という理由だけでは簡単に変化を起こすことはありません。

もちろんそれがきっかけということはあるでしょう。

しかし、それだけではプラス方向の変化は起こりません。

では、何がプラス方向の変化をもたらすのか。


例えば、新しい知識を得るために本を読んだとしましょう。

私たちはその時に、以前に知った別の知識とつなげたり、

過去の経験に照らし合わせてみることで、「なるほど」と思うわけです。

この「なるほど」は「気づき」とも呼ばれますが、

この気づきが私たちの次の行動へとつながっていき、

プラス方向の変化へと私たちを導いてくれるのです。



同じことが対話によっても起こります。


自分の意見を誰かに話す。

このとき、相手から異なる意見が飛び出したり、

自分には見えていなかった点について言及されると、そこに気づきが起こります。


つまり対話によってもたらされる自分と異なる意見、

違う方向性の見方・考え方が私たちに気づきをもたらし、

人にプラス方向の変化を起こすきっかけとなるわけです。


さらに、同じ変化は一人で自分自身と対話をしている時にも起こります。


例えば、日記を付けたり、ブログを書いたりすると起こりやすいでしょう。

自分の考えを何らかの形で表出させ、それを客観的に見ることが、

自分自身との対話を生み出すのです。


書くというプロセスの中で、私たちは頭の中で

様々な知識と経験を引っ張り出します。

そのプロセスの中で、以前は気がつかなかった何かに気づいたり、

頭の中で考えている時には見えなかったことが文字として

明らかになることで気づきにつながりやすくなります。


私たちは対話によって「見えなかった何かに気づく」という

メリットを得ることができるのです。


「気づく」とは主体的な行動の結果です。

「教えてもらう」のではなく、自分の意思で過去の何か、

既知の何かとつなげて見つけるということが大事なのです。


誰かに指示されたことではやる気は起こり難いものですが、

主体的な「気づき」は主体的な行動にもつながりやすいもの。

ですからプラス方向の変化を起こしやすいとも言えます。


対話によってもたらされる「主体性」。

それがプラス方向の変化を生むカギなのです。


( DODパートナー:中川繁勝)

ワールド・カフェ・ネット
ワールド・カフェ・ネット
ワールド・カフェ・ウィーク
ワールド・カフェ・ウィーク
メールニュース登録
メールニュース登録
ワールド・カフェ・開催の手引き
ワールド・カフェ・開催の手引き