対話の力

先日、ある企業様にて対話の手法活用のお話を伺ってきました。


ワールド・カフェ的な場を何度も開催しているというその会社。

聞けば、社内で経験者を増やすためファシリテーターは毎回初心者だったり、準備の工夫も問いの工夫も、手探りで独自に

進めてきたとのこと。しかも平日に開催しているので、「なんだよ、この忙しいのに」という雰囲気の参加者もいるのだそう。


やはり会社の中での開催には、いろいろ苦労がおありのようです。


「でもね、、、」


とご担当者はお話を続けられました。


実施後のアンケートを見たり参加者からの感想を聞くと、共通している言葉があるのだそうです。


それは、


「楽しかった!」


忙しい業務の中、数時間の時間を対話の場に費やし、最初は嫌々だった方も話してみれば「楽しかった」に変わる。


対話には不思議な力があるものだなぁ、と思います。


問われれば答えたくなる。

話せば、自分の想いや考えが言葉になり、すっきりする。

相手に受け入れてもらえると、気持ちよくなる。

発見がある。

気づきがある。

共感すると仲間意識が生まれる。

つながりがうれしくなる。


「楽しかった」の言葉の中には、いろんな意味が込められている気がします。

いずれにしても対話には、人を楽しくしたりうれしくしたりする力があるんですね。


お互いに向き合って話をする。

想いを言葉にする。

相手を受け入れる。


そんなことから、いい方向への変化を促していきたいと思います。


(DODパートナー 中川繁勝)



ワールド・カフェ・ネット
ワールド・カフェ・ネット
ワールド・カフェ・ウィーク
ワールド・カフェ・ウィーク
メールニュース登録
メールニュース登録
ワールド・カフェ・開催の手引き
ワールド・カフェ・開催の手引き