対話の種を撒く

私が以前、某大手通信企業に勤めていた頃の話です。


職場は、当時流行り出したフリーアドレスになり、プロジェクト制が進み、フロアの見た目は最高の環境でした。


しかし、結論から申しますと、環境が変わっても、仕事の効果が上がるような活発なコミュニケーションは見られず、、、

それどころか、隣にいてもほとんどの人がメールでコミュニケーションする始末でした。

仕事の便宜上でしか会話がない職場では、お互いの思いを共有することがないので、常に表層的な会話に終始します。


仕事でも事前に話し合うことがほとんどなくなり、会議でも「なんでそんなこと事前に話しておかないの、、、」ということになりかねません。結局、リスクマネジメント、ステークホルダーマネジメント、ミーティングマネジメント、ありとあらゆる仕事の効率が改善することなく、非生産的なプロセスを繰り返すハメになります。


まず最初に大事なのは、職場で会話するきっかけをつくることです。


そのためには、火付け役となる仕掛人が必要です。まさしく、このメールをお読みいただいているみなさんのような存在です。


話し合いを日常的に促進するための地道な活動(飲み会、ランチ、挨拶など)も含まれますが、自らが職場に会話の種を撒き、

率先して実践するためにも、適切なタイミングでのワールド・カフェの導入がおすすめです。仕事以外での会話を増やすために、ワールド・カフェ的に会議をしてみてもいいし、社内研修のワークショップに組み込んでもいいと思います。


私も前述の会社においてワールド・カフェを導入し、会話をするきっかけ(場)をつくりましたが、まったく話さなかった者同士が、笑顔で話す姿を見るのは嬉しいものです。


会話がない職場でいきなり対話を求めるのは酷でしょう。そこは一足飛びにとはいきません。

仕掛人となる私たちで、会話、対話の可能性の種を撒いていきましょう!


(DODパートナー 坂本敬行)

 



ワールド・カフェ・ネット
ワールド・カフェ・ネット
ワールド・カフェ・ウィーク
ワールド・カフェ・ウィーク
メールニュース登録
メールニュース登録
ワールド・カフェ・開催の手引き
ワールド・カフェ・開催の手引き