行動してこそ

昨年初頭、ダイナミクス・オブ・ダイアログLLP(DOD)に新メンバー2人が加わったことで、あらためて活動の原点を共有しようと、何度も対話ミーティングを重ねました。


そして決まったのが、昨年もご紹介させていただいた、DODの【目指していること】と【信じていること】です。



【目指していること】


私たちは、対話を通して、相互理解を促進し、新しい価値とつながりを生み出す社会に貢献します。



【信じていること】


私たちは、対話を通して、人や社会が、次のような力を発揮していくと信じています。


1.人や社会のつながりを生み出す「つなげる力」


2.自分や他者の可能性を見いだす「気づく力」


3.お互いが分かり合える「相互理解の力」


4.思い込みや偏見からの脱却をもたらす「本質を探究する力」


5.当事者意識を持ち、自ら行動する「自発の力」


6.知恵を結集し、新しい価値や行動のきっかけをつくる「創発の力」


7.組織や社会を統合的に変えていこうとする「変革の力」



【目指していること】は、ミッションです。

何のためにこの活動をしているか、何のためにDODが存在しているかをあらわしているものです。


【信じていること】は価値観であり、行動基準です。

対話を通して、自分達も含め、社会のあらゆるところで、こういった力が発揮されることを信じています。



2014年の1回目のミーティングでは、あらためて、このミッションや価値観に照らして2013年を振り返り、2014年の活動の方針を決めました。


理念、社訓、ミッション、ビジョン、バリュー、ウェイ、行動基準、行動指針、クレド、などなど、人が集まる組織にも、そして個々人にも、自分の活動や行動の、基準や指針となるものがあると思います。


それらを決めても、それはただの言葉でしかありません。

それに従ってメンバー1人ひとりが行動してこそ、実際の価値や貢献につながる。そんなことをあらためて思ったミーティングでした。



さて、実際にDODの2013年がどうだったかというと、、、

個々人の自発的な行動はとれていたものの、共に創るということと、振り返るということが、あまりできていませんでした。


2014年はその反省を胸に、「共創」と「内省」をメインテーマに活動していきます。


新たなコレボレーションやプログラム作成などにもどんどん挑戦し、創発や変革のしかけをしていきたいと思います。


今年もどうぞよろしくお願いいたします!


(DODパートナー 大前みどり)




ワールド・カフェ・ネット
ワールド・カフェ・ネット
ワールド・カフェ・ウィーク
ワールド・カフェ・ウィーク
メールニュース登録
メールニュース登録
ワールド・カフェ・開催の手引き
ワールド・カフェ・開催の手引き