わかりあえないことから

ダイナミクス・オブ・ダイアログ(DOD)では今年、23回のワークショップを開催しました。その最後を飾ったのが、3年越しで実現

した平田オリザさんのワークショップです。


実は、DODの前身となるワールド・カフェ・ウィーク実行委員会で2011年5月に実施予定だったワールド・カフェ・ウィーク2011の

オープニングイベントのゲストに、平田オリザさんにお越しいただけるよう準備していたとき、東日本大震災が発生。深刻な状況を見守り、自分たちは何ができるのかを考えている中でイベント自体を中止することにしました。


その後も平田オリザさんがその著書や講演などで伝えてくださる対話やコミュニケーションに関してのメッセージは、私たちの活動の根底に流れるものだとの思いから、再度ご登壇のお願いをし、今回忙しい中をぬってお越しいただくことが叶いました。


開催1週間前の告知にも関わらず、ワークショップ参加枠は1日で満席。追加でオブザーブ参加枠を設け、そちらも満席となりました。当日はたくさんの方の熱い視線の中、あっという間だけれどとても密度の濃い、充実したワークショップとなりました。


平田オリザさんのワークショップの圧倒的なすごさは、ご自身の長年の、そして世界中での実体験をベースに、演劇という、人類が何千年もかけて情報の伝達や感情の共有のために発展させてきた手法を、私たちの身近なコミュニケーションとリンクさせ、

コミュニケーションにひそむ落とし穴や人がわかりあうということについて誰もが納得感を持って理解できてしまうようなその語り口にあると思います。


今回のテーマは「わかりあえないことから始まるコミュニケーション」。

私たちはどんなきっかけで「わかりあえない」から「わかりあえる」にいたるのか、本当にたくさんのヒントをもらいました。


下記に当日の様子をレポートしています。

ぜひご覧になってみてください。


●12/8 平田オリザさんワークショップ開催レポート

http://world-cafe.net/2013/12/128-1.html



(DOD代表 大前みどり)



ワールド・カフェ・ネット
ワールド・カフェ・ネット
ワールド・カフェ・ウィーク
ワールド・カフェ・ウィーク
メールニュース登録
メールニュース登録
ワールド・カフェ・開催の手引き
ワールド・カフェ・開催の手引き