人と人の間に

 いま、新人向けの研修を担当しています。

 

 日々、講師や先輩社員のみなさんが様々な内容の講義をしています。

 誰でも経験があるとは思いますが、

 

 眠くなります。

 

 話している人には申し訳ありませんが、

 眠くなることがあります。

 講師仲間としてそばで聴いていても、です。

 

 なぜか。

 

 発せられた言葉が受講者に届いていないから。

 あるいは、受講者が受け止めていても、何も返さないから。

 

 そこに「対話」がないからではないかと、私は思います。

 

 

 それではいけない、と思い、取る対策はいつも「対話」です。

 グループの中で話をしてもらうのです。

 

 一人で考えていても、自分の知の域を出ません。

 わからないことも、わからないままです。

 

 ところがグループの中で対話をすることによって、

 自分の外の知に触れ、自分の言葉が思わぬ反応を呼び、

 お互いを高め合うことができます。

 

 

 講師と受講者の間も同じです。

 

 「質問はありませんか?」

 と問うても、何も質問が出なければそのまま次に進んでしまいます。

 

 ところが、質問が出ると、その答えはもちろん、関連した事柄が説明されたり、他の人の質問のきっかけになったりもします。

 

 

 静かな対話も起こります。

 

 講師の説明に対し、目を見てしっかり聴いていたり、うなずきながら聴いている人は、講師と声にならない対話をしています。

 本人も講師の説明をよく理解するし、講師はもっと教えてあげようという気になり、より多くの情報やノウハウを伝えたくなります。

 

 おもしろい。

 聴いている側からも対話が起こせるんです。

 

 

 人と人との間に起こる対話は、お互いを一歩前に進ませる力があるみたいです。

 

 向かい合った人と人との間に生まれる、目に見えないパワー。

 お互いがそれを感じながらする対話は、価値のある対話になるでしょう。

 

 その人との間に生まれる何かを信じて、明日もまた対話してみます。

 

      (DOD パートナー 中川繁勝)

 

 

ワールド・カフェ・ネット
ワールド・カフェ・ネット
ワールド・カフェ・ウィーク
ワールド・カフェ・ウィーク
メールニュース登録
メールニュース登録
ワールド・カフェ・開催の手引き
ワールド・カフェ・開催の手引き